「新しいビジネス様式 セカイエグループ」を策定いたしました。

安心安全な「オールチタンAT254」で抗ウイルス・抗菌・防カビ・消臭

オールチタンAT254で抗菌・抗ウイルス空間を

高い安全性で抗ウィルス・抗菌・防カビ・消臭効果を長期間発揮する「オールチタンAT254」

当社ではすぐれた抗ウイルス・抗菌・防カビ・消臭性能を持つ、「オールチタンAT254」のコーティングサービスを提供しております。

アルコールや次亜塩素水とは異なり、一度の施工で効果が長期間持続するため一回のみの施工で永年効果・低コストを実現します。施工可能な素材も幅広く、布、金属、プラスティック、木、陶器、どんなものにもコーティング可能で、無色透明なので見た目も一切変わりません。

コロナ禍における、お店やオフィスのウイルス対策・衛生管理に是非ご検討下さい。

検査発表

 抗菌・シックハウス対策として開発された空気触媒「空気の王様/AT254」。新型コロナウイルスの不活化の実証実験を奈良県立医科大学が実施。

「新型コロナウイルス不活化に伴う減少によりは99.887%の有効性が実証される」

2006年に防汚、防カビ、抗菌、シックハウス対策として開発されていた主成分・チタニア系セラミックコート剤の空気触媒溶液「空気の王様/AT254(オールチタンAT254‐V)以下AT254」の、新型コロナウイルスに対する不活化の実証実験を奈良県立医科大学医学部 微生物感染症学講座において実施し、その試験結果を発表しました。

お問い合わせ

AT254に関する質問やご相談、サポートに関することなど、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラ

お店や施設のコロナ感染対策・衛生管理に

オフィス

ホテル

マンションの共有部、専有部

飲食店

介護施設

車内

「接触感染・空気感染」のW効果でウイルスや菌を防ぐ


接触感染・空気感染を防ぐ

手の触れることの多い箇所にオールチタンAT254をコーティングすることにより、ウイルスの接触感染の抑制、予防ができます。また、AT254フィルターで空気感染を予防し、ウイルスや菌を体内に取り込む可能性を大幅に削減することができます。


1回のみの施工で永年効果

光触媒とは異なり、オールチタンAT254は空気と接することで触媒効果があるため、環境を問わずに効果を発揮します。またコーティングの有効成分はほとんど溶解せず、高い耐久性もあるので一度の施工で長期的に効果が持続します。

「オールチタンAT254」8つの特性

  1. チタニア系水溶液で毒性がなく、人にも環境にも優しくて安全。
  2. シックハウス症候群の原因となる有害化学物質を分解。
  3. 水廻りのカビを防止。
  4. 空気中に浮遊する見えない雑菌の発生を防止。
  5. タバコやトイレ等の臭いも分解消臭。
  6. 高い耐久性があり、長期的に効果が持続。
  7. 無光触媒で光のない所でも、休むことなく効果を発揮。
  8. 1㎡にわずか5~8cc噴霧するので、エレベータの呼び出しボタンやパソコン/スマホ、車の計器類やハンドル廻り等にもコーティング可能。

AT254オールチタンコートとは?


オールチタンAT254とは?

細菌やカビ(真菌)など、254種類もの菌に対して抗菌効果を発揮し、さらに空気中の水分に反応する空気触媒で、有害物質を分解・消臭する効果をあわせ持つ、優れた液剤を利用したコーティングサービスです。


「オールチタンAT254」の分解原理

オールチタンを噴霧し、完全硬化した対象物表面に空気中の水と酸化性分子が接触することで、表面反応(酸化還元反応)が起こります。
その結果、強力な酸化力を有する水酸化ラジカルになって、表面に接触した化学物質を分解し、消臭・防カビ・抗菌効果が現れます。

オールチタンAT254Q&A

コーティングは人体には無害ですか?

オールチタンAT254は水性完全無機コーティング剤で人体には安全無害です。


養生は必要ですか?

養生は不要です。精密機器やエレベーターのボタン、コンセント等は、念の為直接吹き付けるのではなく、ウエスに吹き付けそのウエスで拭き取りコーティングいたします。


どんな素材にコーティングできますか?

金属、クロス、木材、ビニール、ガラスなど様々な素材にコーティングが可能です。


暗い場所ですが効果は発揮できますか?

オールチタンAT254は光触媒ではなく空気触媒により効果を発揮します。なので電気代なども一切かかりません。


その他のウイルスや菌に効果がありますか?

A型インフルエンザウイルスに対する抗ウイルス性能評価試験の効果を実証しています。
254の細菌や真菌などに対する効果もあります。


お問い合わせ

AT254に関する質問やご相談、サポートに関することなど、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラ